パタピッ & CAD に関する よくある質問

一般、事業目的者(社、団体)からの質問

・ 人形の服の製図に対応しますか?

<質問例>

● 人形服の仕事をしています。
製図に時間がかかり、デザインも人間同様変化に富んでいますので、ソフトで作業の時間が短縮できないものかと探していてパタピッ を見つけました。

仕事目的の方も多いのですが、家庭洋裁でも お子さんやお孫さんのお洋服とお揃いの人形服が作れたら・・・と尋ねる方も多いです。

人間の形態をした人形であれば、人間の服の製図を引くと同じ様に操作していただければ、人形服もとても素敵なお洋服ができ上がります。

パタピッ は人間サイズで正常な動作をしますので、小さな人形サイズで数値操作をすると、おかしな動きをすることがありますので、人間サイズで操作した後、印刷時に縮小印刷する方法で使用します。

例えば、身長が60cmの人形であれば、3倍すると180cmとなり人間の範囲です。
人形のバストを計ったら28.5cmだった・・・としたら、3倍すると85.5cmです。ウエストが19.5cmだとすると、3倍は58.5cmです。・・・という様に、3倍の数値でパタピッ を操作して縮小印刷してください。
人形の身長が30cmであれば、5倍、又は6倍すると人間サイズ・・・という具合です。

人形は人間の形をしていても、バストやウエスト、ヒップなどが強調されていたり、反身体型だったりします。パタピッ は、個々の体型にバランスを保ちながら自動で製図を作り上げるソフトですから、特徴的な体型をしている人形服の製図も充分に可能です。 数値操作で自由な表現ができますから、人形と言う体型合わせにとどまらず 個性的なデザイン創作が可能です。

動物の形をした人形の服の場合は無理がありますが、例えば お座りをしているテディベアの様な熊のぬいぐるみの製図は大丈夫です。
パタピッ 肩幅が狭い、なで肩、首が太いなども数値で自由に操作できますから、人間の様に肩から腕が横方向に付いている人形には利用できます。

四つんばい状態の動物の形は身頃と腕の関係がまったく人間と異なりますので、パタピッ は使えません。

人形服の製図についてはご覧ください。