企業(又は個人事業者)からの問い合わせで特に多い内容は・・・

製図手段(立体裁断や手書きの平面製図、または CADで起こす平面製図)への疑問

従来の製図手段はどれも時間がかかり、引き手により成否の差が大きく、企業側が期待する製図技術を持つパタンナーになかなか恵まれません。 ・・・ そんな問題を抱えて、何か解決策はないかと探し探してパタピッ に出会う・・・そんな企業が増えています。

・・・ パタピッ 自体が有能なパタンナーです。
時間をかけず、数値操作で正確な製図(基本製図)が誰でも引けます。従来方式ではそこまでの技術に多くの時間とコストがかかりました。 しかし、パタピッ の出現でその大きな壁は一気に取り除かれ、誰もがパタンナーになれる時代になりました。

正しい基本製図が簡単な操作で得られますので、そこに感性を吹き込むことで個性を表現することができます。・・・ デザインの創造です。

感性を吹き込む・・・つまり、応用、展開方法等は、マニュアルパタピッ スタイルMagazineが、詳しく分かり易く解説しています。

精度とスピード・・・新時代のパタピッ のこの効果が従来の製図手段を塗り替えています。 正に製図改革、製図維新です。

パタンナーを育てる難しさ

製図を専門に学習したのに期待通りの製図が引けない。
製図を外注に出しても思い通りの服に仕上がらない・・・

・・・ そんな嘆きをよく耳にします。服の製図に限らずですが、技術低下の加速は日本の大きな問題でもあります。
教育現場でも製図が正確に引ける教師が少なくなりました。残念ですね。
現状では有能なパタンナーは、氷山の一角です。
ファッションへの要求が高まれば高まるほど製図は難しくなります。
そんな状況の中、パタピッ を活用する企業、学校が増えました。

製図コストを削減したい

従来の製図方法は製図ができ上がるまでに時間がかかります。
更に、技術者を雇ったり、外部のパタンナーへ外注したりする場合はコストもかかります。

パタピッ を導入後すぐに全ての製図を引くことはできませんが、導入後すぐに一部の製図は実用化できます。 それほどに操作が簡単です。
今までかけていた製図費用を、パタピッ 導入で徐々に削減していくことができます。
操作を覚え、技術が高まるに従い、100%をパタピッ に任せることも可能です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

製図という工程をパタピッ に任せてみてはいかがですか。
製図は奥が深く、パタピッ も奥の深いソフトです。
どうぞ、有意義な利用方法を見つけてください。