大型プリンターを持っていない。実物大型紙はどう印刷するの?

自動製図ソフトパタピッ は一般家庭のユーザーが多い為、個人でも使える様、製図を 自動分割して印刷する機能 が付いています。

A4、A3サイズのプリンターでは、「パーツ分割プリント」ボタンを押すと、製図は自動で分割印刷して出てきますので、貼り合せることで実物大型紙になります。
もちろん 大型プリンターなら、各パーツを一紙にまとめて印刷できます。

 コンビニのコピー機で印刷することができます。JPEGファイルで保存し、コンビニで印刷する方法です。
但し、初回の印刷では実物大ではありませんので、倍率計算をして再度印刷し、実物大型紙を得る方法となります。 誤差が生じますので正確ではありません。
プリンターの印刷(家庭用プリンターA4、A3サイズでもOK)が精度面では勝ります。ミリ単位に正確です。

服のデザインはどのくらいあるの? サイズは?

デザインもサイズも限定しません。 
デザインは、操作次第 応用次第で際限なく広がります。
サイズは、赤ちゃんサイズから大人まで自由に動きます。
特殊体型にも正確に対応します。

初心者向け入門ソフト、アプリ用ソフトは、補正機能は付きませんが、その機能の範囲でサイズもデザインも自由な動きをします。

プロパタピッ は、補正機能が優れていますので、あらゆる体型に正しく動作します。隠したい体型をカバーすることも可能です。形良く着心地良い服を、数値操作だけで作ることができます。

その機能から、オーダー事業ではパタピッ は実に重宝に使われています。
パタピッ の服はお客様に喜ばれ、顧客獲得、リピーター増へとつなげています。

他社製アパレルCAD のサイズ変換機能(グレーディング機能)は、決められたデザインを標準サイズ(例 S,M,L 9号、11号、13号等)に操作するものですが、パタピッ の動きはまったく異なります。デザインもサイズも自由に動きます。

● デザインを限定しません。際限なくデザインを創造することができます。
● トラッドなデザインから最先端の服まで、流行の変化にも柔軟に対応します。
 
● 服地の違いに対しても適正な製図ができ上がります。 
● 体型的なくせや人種の違いにも対応します。 
      ・・・ 服の素材問わず、流行の新旧問わず、国をも越えて使えるソフトです。

アパレル企業パタピッ を使用する場合は、
既製服のマスターパターン
作成では、パタピッ を標準体型サイズに操作し、その後、CAD機能で独自デザインへと展開します。
グレーディングについては、企業が、既製服対応グレーディング機能のCADを持っていれば、製図データをそのCADに読み込み、サイズ展開します。 
パタピッ と連動して動く当
HILKY CADを持つ企業は、パタピッ に各サイズを打ち込み各サイズの基本形を作った後、デザイン展開は各サイズごとにCADで行います。

パタピッ スタイル magazine は、パタピッ を使ってでき上がるデザインを紹介しています。 それらは一部に過ぎません。 操作者の操作次第で個性的なデザインが生まれています。


デザインもサイズも限定せず自由な動きをし、正確で、精密で、操作も簡単・・・この類のソフトは、現在パタピッ の他にはありません。

他社ソフトとの比較では、内部構造、プログラムがまったく異なる為、今後もパタピッ と同等のものは出ないだろうと言われています。

現段階のパタピッ は、精度という点ではほぼ完成品です。今後は、微調整、微修正を加え 更に極めたソフトへと完成度を上げていきたいと考えています。
1