パタピッを3D(立体)ソフトに読み込むことはできる?

パタピッ を3Dソフト(他社製)に送り込んで立体画像に変換することが可能です。
DXFファイル
に変換して読み込みます。

CADの製図データは、一般的にはDXFというファイルで双方を行き来できます。
パタピッ の製図データをDXFファイルに変換してから相手CADに送るという方法です。
互換性が合えば読み込めます。

DXF変換機能の詳細は してご覧ください

3DのCADでは、製図データだけでなく、服地をスキャナーやデジカメで取り込み載せることもできますので、でき上がりの具体的な感覚を画面でつかむことができます。
360度回転しますので、前後左右上下とどこからでも状態確認ができます。

ミシンで試作していた工程を画面の中で行いますから、ミシン等の機材を使わず、時間も、布等の材料費についても大きなコストダウンにつながります。量産目的のアパレル企業では大変有効でしょう。

3DのCADパタピッ の様に操作は簡単ではありませんので、使えるかどうかは慎重に見極めてください。
優れものですが、現状ではまだまだ一般家庭には遠いソフトです。価格面でも高価なソフトです。

お勧めの3Dソフト

(株)テクノア製 3Dソフト<i-designer>

画面は(株)テクノア製ソフト<i-designer>の使用結果です。詳細につきましては、(株)テクノアのホームページ http://www.i-designer-web.com をご覧ください。