他のCADソフトを使用している。そのCADにパタピッを読み込むことはできる?

既に製図を仕事にしているパタンナーや企業では、他社製CADをお持ちの場合があります。
CADの製図データは、一般的にはDXFというファイルで双方を行き来できます。
その為、
製図データをDXFファイルに変換してから読み作業を行います。
互換性が合えば読み込めます。

パタピッ で製図を作成し、その製図の編集作業では、慣れたCADを使用していただくのが良いかも知れませんね。
又、逆の場合もあります。他社製CADで作成したデータを当HILKY CADで編集する、又は、印刷する等。
互換性が合えば、是非活用してください。

DXFファイルは、メールに添付して送ることができます。
異なる会社との製図データのやり取りや、同一会社でも、所在地が異なる等、メールで時間差無く作業できる点はとても便利です。

双方向のデータ移行には、DXFファイル変換ソフト(別売り)が必要です。

DXFファイル変換ソフトの詳細は して、価格表の末尾をご覧ください。


現在ユーザーが使用していて互換性の確認ができているCADがあります。 ご紹介します。
更新等でプログラムが変わる場合もありますので、導入の際は テストをお願い致します。
テスト用DXFファイルは、メールに添付してお送りすることができます。遠慮なくお申し出ください。

(株)テクノア  3D(立体)CAD(キャド)開発
ソフトi-Designerを使うとパタピッ 製図データを3D画像に変換可。仮縫いを画面で行うことができます。
服の色を変えたり、柄を載せることもできます。
試作の効率化に便利です。
東レACS株式会社
クレアコンポ(CAD)は、パタピッ 製図データの読み込みが可能です。 パタピッ ユーザーが最も多く利用している関連CADです。
旭化成エージーエムエス株式会社
AGMS(CAD)は、パタピッ 製図データの読み込みが可能です。

アドビシステムズ社

イラストレーターにCADツールを追加すると製図が可能の様です。 ただ、これだけで製図を引くには難しいのではないかと思います。

この他にも、読み込み可能なCADは結構あります。 ただ、バージョンが異なるなどでうまく動作しない場合がありますので、テスト確認をしていただく様にお願い致します。


パタピッを3D(立体)ソフトに読み込むことはできる?

パタピッ を3Dソフト(他社製)に送り込んで立体画像に変換することも可能です。
こちらもDXFファイルに変換して読み込みます。

DXFファイル変換ソフトは有料。また、互換性のテストも必要です。
DXFファイル変換ソフトの詳細は
して、価格表の末尾をご覧ください。

製図データだけでなく、服地をスキャナーやデジカメで取り込み載せることもできますので、でき上がりの具体的な感覚を画面でつかむことができます。
360度回転しますので、前後左右上下とどこからでも状態確認ができます。

ミシンで試作していた工程を画面の中で行いますから、ミシン等の機材を使わず、時間も、布等の材料費についても大きなコストダウンにつながります。
量産目的のアパレル企業では大変有効でしょう。

3Dソフトパタピッ の様に操作は簡単ではありませんので、使えるかどうかは慎重に見極めてください。
優れものですが、現状ではまだまだ一般家庭には遠いソフトです。価格面でも高価なソフトです。


お勧めの3Dソフト

(株)テクノア製 3Dソフト<i-designer>

画面は(株)テクノア製ソフト<i-designer>の使用結果です。詳細につきましては、(株)テクノアのホームページ http://www.i-designer-web.com をご覧ください。

下の画像をクリックすると見ることができます。