下は操作方法を解説したパタピッ スタイル magazineです。

参考にご覧ください。


Vネック ボリューム袖ブラウス

ドロップスリーブ 前肩にタックがあります

ファスナー開きを作らず、かぶって着脱ができます。
袖口は広め。ゴムを入れてボリュームを出しています。
袖山が低いドロップスリーブは縫製が簡単! 色柄変えて沢山楽しみましょう。


この型紙は、「型紙専門店patako」で販売しています。アマゾンでも販売しています。(価格 レディースサイズ S,M,L¥980)

縫製の方法も分かり易く説明しています。

作り方の学習を兼ねて、是非型紙販売もご利用ください。

「型紙専門店patako」は、左の画像をクリックしてお入りください。

アマゾンの型紙販売コーナーは、アマゾンの公式サイトを開いて「パタピッ」と検索。





印は「プロ パタピッ セットに含まれるソフトです。 単品で購入も可能です。)


参考として、S〜3Lサイズの入力数値を表にしました。


実行ボタンを押すと下の製図が画面に現れます。
後中心は直線を使用しましょう。

ネックラインを下図の様に、「V」ラインに変えます。 直線ではなく緩やかなカーブを描きましょう。

前身頃の肩にタック入れます。 その準備として、ネックポイントから4cmの所に点を作ります。
その点とバストポイント(BP 製図上に印があります)と結びます。(下左図)

バストポイントを基点に肩を開きダーツを畳みます。(CADを使用する場合は「回転移動」機能を使用)
紙面で行う場合は、肩の点からBPの線にはさみを入れてダーツを畳んでください。

    

肩のタックは、肩から4cmまで縫います。 乱れた脇の線は自然なカーブに修正しましょう。

ネックラインには3cm幅の見返しを付けて仕上げましょう。


 「中〜太袖用普通袖」使用

前後身頃のアームホールを測り、袖ソフトに入力すると 身頃にぴったりの袖ができ上がります。

実行ボタンを押すと下の袖製図が画面に現れます。
ドロップスリーブなので袖山にいせは要りません。
袖山のカーブと前後身頃のアームホールの寸法を一致させる為に微調整しました。
今回の製図では、
「後いせ調節」に「−1」と入力して調節しました。

袖口にゴムを通します。
袖口線の2cm上に1cm幅のゴム通し線を入れましょう。

このデザインの袖幅は、Sサイズで約33cm、M 36cm、ML 39cm、L 41cm、2L 43cm、3L 45cmが程よいでしょう。 

以上で製図はでき上がりです!