自動製図ソフト パタピッ ・ 格安アパレル CADの開発と販売 ・ 一般から企業、学校対象に製図をサポート ・ 製図、縫製(ソーイング)に関するトータルサイト

関連サイト

     

      当関連サイトをご案内します。
       下をクリックして
      各コーナーへお入りください


  • 最新のソーイングでおしゃれを実現しましょう
  • 写真や現物の服をお送りください
  • 型紙の販売

  •  

     この home へ戻る時は、画面上
     ツールバーの 「← 戻る」をク
     リックしてお戻りください。


店舗ガイド

格安アパレルCADは HILKY CAD

自動製図ソフトパタピッ と直結

シンプルで使い易いことから 洋裁を趣味に楽しむ一般から事業者まで

素人にも分かり易いマニュアル付きで安心


そもそも CAD (キャド)って何?

製図を引くコンピューターソフトです 

構造的に似ているものとして イラストを描くソフトを思い浮かべていただくと分かり易いでしょう。 違う点は、寸法に対して非常に精密です。 

目的により様々なCADがあります。

洋服の製図作成を目的に開発されたソフトをアパレルCADと言います。

アパレルCAD は製図が目的ですから、寸法に対しては非常に正確です。100分の1cm単位で作図することが可能です。

目的別では、工業製品のCADや建築CAD 、自動車や船舶用等々があります。

例えば、建築 CAD は、家やビルの設計図を引くソフトです。アパレル CAD は洋服の設計図(製図)を引くソフト、目的が違うので それぞれの目的に合った機能や画面構成になっています。


身近なお絵かきソフトイラストソフトをイメージしてみましょう。

ソフトを起動すると、まず白紙画面が現れますね。そこに線を一本一本引いて独自の絵を描いていきます。 この作業工程は CADも同じです。 白紙画面に一本一本線を引いて製図を仕上げていきます。HILKY CAD操作画面

お絵かきソフトイラストソフトも線やカーブを描くことができますので、図形は描くことができますが、「製図」で大切な線の長さに対して正確な機能は付いていません。
やはり服の製図には服専用のアパレルCADです。寸法に対しては狂いはありません。

 当アパレルCAD(HILKY CAD)は、他社が開発するアパレルCADと基本的には同じですが、

大きな特徴は、自動製図ソフトパタピッ と直結しているということです。

パタピッ の優れた自動機能は、パタピッ 独自の機能です。 他社製CADにはこの自動機能がありませんので、製図知識を持つ人が、白紙画面に一本一本線を引いて製図を仕上げていくという作業工程を時間をかけてしていかなくてはいけません。

パタピッ は、数値を打ち込むだけで自動で正しい製図の基本形が数分で画面にでき上がりますので、製図の知識のない人が操作することができます。(複雑なデザインの製図はこの外ですが、簡単なデザインであれば初心者でも大丈夫です。 購入後すぐにも実物大型紙がを得られるでしょう。)

例えば、パタピッ で基本的なデザインの身頃を操作して数分後、HILKY CADの画面を開けると、上図の様な前身頃が完了しています。(勿論、後身頃、袖、襟等も自動で完了します。 これは一例です。 パタピッ は操作次第で自由なデザイン展開が可能です。 赤ちゃんサイズから大人サイズ(メンズを含む)まで、体型補正も数字の打ち込みだけで正確に完了します。) 

基本操作だけで完結するデザインもありますので、印刷して終了ですが、デザインにアレンジが必要な場合は、この製図をCADの機能を使いながら展開して様々なデザインに変形していくこともできます。CADを持たない場合は、パタピッ 操作後に印刷すれば実物大型紙が得られますので、デザインの展開を紙面で行うのであればCADは不要です。 CADの要不要を自由に選択できます。)

 自動機能については人間の服に限定されます。それ以外の製図(犬、猫服等)では他のソフトと同じく白紙からの作成です。 人間の形状をした人形の服は、人間サイズに操作した後、縮小印刷することで叶います。

HILKY CAD してお申し込みページにお入りください。

   <HILKY CADの動作環境> 
  ●対応OS:日本語 Windows   2000/ME/XP
/Vista/ 7/ 8/ 8.1/10
  ●Macintoshには対応しませんのでご注意ください。
   ( Windows対応ソフトをインストールしたMacintoshで使用できますが、動きの確認の為に
   パタピッ 入門ハイグレードセットを先にご使用ください。)


従来の製図方法 (原型から製図を引く、立体裁断など)は、理想的な製図を得るのが難しい為、製図を諦めてしまう人が多く、技術者が育たない状況にありました。

コンピューターなら解決すると購入したCADも、結局は手書き作業を画面で行うにすぎず、製図の知識がなければ一歩も前に進めず、仮に知識があっても、時間がかかりお手上げ・・・ という現状に困惑する姿を見かけます。

パタピッ の出現がこの流れを変えています。 


・・・とは言え、「既に使い慣れたCADがあるから〜」 「新たにHILKY CADの操作を覚えるのは、、、」と、戸惑う人もいるでしょう。

<例> 東レクレアコンポ 旭化成AGMS Adobeイラストレーター(CS5以上) フリーソフトでは、Inkscape、AutoDeskビューワ(DWG TrueViewer、AutoDesk mobile)、jw-CAD等

パタピッ を使い慣れたCADで編集するという方法があります!

製図データを、CAD間で共通のDXFというファイルに変換して相手側のCADに送るという方法です。 詳細については、ここをクリックしてご覧ください。

パタピッ は、CADが無くても使用可能なソフトです。CADの有無も含めて、ユーザーが目的に合わせて選ぶ「3つの選択肢」を図式しました。

CADは不要(趣味を楽しむ一般素人)、、、という人は選択肢@

パタピッ と直結した使い易いCADで操作したい、、、という人、又は企業はA

既に使い慣れているCADを持っている、、、という人、又は企業はB


CADをもう少し詳しく解説します

白紙画面に線を引いて製図を仕上げるのが本来のCAD

HILKY CAD操作画面他社CADの始動は、白紙です。製図の知識がなければ製図を引くことができません。

本来、どのアパレルCADも自動機能はありませんので、製図は線を一本一本引いて作成します。

時間をかけて、一着の製図を作成します。

製図の善し悪しは操作者の製図知識に委ねられます。

CADの操作を覚え使い慣れるまでは、紙に鉛筆で描く方が早かったりします。 

高額なCADであっても自動ではありませんので、製図ができ上がるまでには大変時間がかかります。

当開発のHILKY CAD は、自動製図ソフトパタピッ と連動する様プログラムされています。

製図の主要部分(身頃、袖、襟等)は自動機能により数分で正確にでき上がる為、CADの出番が非常に少ないというのが特徴です。
製図の知識が無い人も、簡単なデザインからスタートするのであれば、初動から正しい製図が画面に現れます。

HILKY CADは安価ですが、パタピッ が開発される前は、高額なCADでした。

パタピッ と連動させることで、一般層へユーザーが広がり、価格を落とすことができましたが、機能面は変わりなく高い性能を維持しています。 高額なCADと同等です。

 自動機能がない他社CADは、操作の難しさから、素人の使用では大変困惑する様子が見られます。 また、他社CADパタピッ の自動機能は動きませんが、パタピッ 操作後の製図(完成した製図データ)は、DXFというファイルに変換すると、他社CADで編集することが可能です。 有効な利用方法を選択してください。(上解説の選択肢B)

DXF変換機能の詳細については、ここをクリックしてご覧ください。

HILKY CAD のみで製図を起こすユーザーもいますが、ほとんどのユーザーはパタピッ との連動で使用します。

その為、当CAD については素人ユーザーも多く、だれもが確実に使っていただける様、分かり易いマニュアル作成と機能改善に力を入れてきました。

現在では素人でも使えるCADとして定着しいています。

CAD は、コンピューターソフトとは言え、アナログ要素が高い点では、単独での使用は非効率的であり、自動機能のパタピッ と連動して使用することを勧めています。


パタピッとHILKY CADを連動して操作がお勧め

パタピッの操作画面パタピッ は、非常に高性能に仕上がっていますので、現職のプロパタンナーに愛用されています。

操作が簡単ですから、製図素人がパタピッ を道具に、短期間でプロに成長していく様子もよく見かけます。

操作手順を簡単に説明しますと、、、
まずパタピッ を操作します。数値を入力し、実行ボタンを押すだけで正確な基本パーツが自動で仕上がります。

(右画面はパタピッ を操作する画面です。 CAD画面ではありません。) 

次にHILKY CADを開き、パタピッ で作成した製図データを呼び出します。(前項目の画面)

つまり、HILKY CADを開くと 既に基本製図はでき上がっているということです。
(この基本製図は非常に正確です。修正する部分はほとんどありません。)

ここまでの所要時間は僅か数分です。驚異的な速さです。

CADのみでこの作業を行うと、身頃、袖、襟など全パーツに何時間とかかるでしょう。

最も難しい基本の製図工程をパタピッ が自動で行いますから、後は、ボタンやポケットを加えたり、切り離したり展開したりの編集をCADを使って仕上げていきます。

パタピッ と連動させることにより この 早業、超高速 が可能になります。

製図の知識も問われません。

知識があれば尚可能性が広がりますが、パタピッ は、寸法入力だけで正確な製図を仕上げますので、製図に不慣れな方はパタピッ に基本製図を任せるのが安心です。 知識は、操作を繰り返し体験することで、後から付いてきます。

パタピッ と連動しているCADHILKY CAD のみです。

この展開(製図応用)は、マニュアルパタピッ スタイルMagazine(Web雑誌) ここをクリック が操作を図入りで分かり易く解説しています。決して難しくありません。

パタピッ スタイルMagazineでは難度を印で表示していますので、
一つ、又は二つのデザインであれば素人でもすぐに楽しめます。

CADのみではお手上げの人もパタピッ と連動であれば製図知識がなくても正しい製図が簡単に得られます。


格安アパレルCADはHILKY CAD

当アパレルCAD(HILKY CAD)は二次元製図(平面製図)を引くソフトです。 

白紙画面から製図を作成するということでは、服に限定されません。

● 小物やカバン、ぬいぐるみ、犬猫服、パッチワークやキルトの図形、、、、、 などなど、様々な製図作成に適しています。

● オリジナルの製図を作成することは勿論ですが、コピーも可能です。

例えば、現物の型紙が手元にあり、それらをデータとして取り込みたい、という場合に便利です。

● 縮小製図を取り込み、それを実物大に印刷することもできます。

小物、ぬいぐるみ、犬猫服などにご利用ください。

「CADは操作が難しい」と敬遠されますが、当CADは、一般素人ユーザーが多いことから、マニュアルを分かり易く改良した結果、現在では大変使い易いCADとして定着しています。

 初期バージョンのプチCAD、又はその上の Ver.T は、家庭洋裁でも広く使われています。

 「価格が安いが機能を果たすのか?」と良く聞かれますが、HILKY CAD 他社CADと同様のアパレルCADです。パタピッ が開発される前は、他と同様に数百万円のアパレル専用のCADでした。パタピッ の出現でユーザーの裾野が広がり、価格を一桁落とすことができました。中小のアパレル企業、独立した個人のパタンナー、オーダー事業等では、このお手頃感が魅力でHILKY CAD が広く利用されています。


<CADの要不要の判断>

パタピッ のみの操作で製図の主要部分はでき上がります。
ラインの変更や修正は、パタピッ 製図を印刷後の紙面で行うことができます。

パソコンに不慣れな場合は、CADは不要でしょう。
CADが無くてもパタピッ のみで正確な製図が得られます。

パタピッ 製図の展開をパソコンの画面で行うか印刷後に行うかでCADの要不要を判断してください。

1


メールに製図データ送付 作業の効率化実現

最近では、メールに製図データを添付して送り、作業効率を図る企業が増えました。製図が瞬時に相手に渡ります。国内に限らず国外のやり取りでも行われ、その日の内に縫製作業にかかれます。  便利です。

双方が同一のソフト(CAD)であれば、データの送受信はスムーズに行われますが、異なるソフトの場合は、ファイル(DXF)変換作業が必要です。

例えば、パタピッ で作成した製図データをメールに添付しても、相手が同じCADHILKY CAD)を持っていなければ開くこともできません。

相手が異なるCADを持っている場合は、共通の拡張子としてDXFファイルに変換して送る必要があります。 そこに介在するのがDXF変換機能です。

DXF変換機能の詳細はここをクリックしてご覧ください。


他社CADに製図データを送って作業が可能

<選択肢Bの例>

パタピッ 製図はHILKY CAD以外にも他社製CADに移行して製図編集を行うことができます。

その逆、他社製CADで作成した製図データを、HILKY CAD上で編集することもできます。
互換性が合えば、双方をうまく使い、効率を上げることが可能です。

他社製CADにパタピッ 製図を移行する(又はその逆)には、DXF変換機能が必要です。

DXF変換機能の詳細はここをクリックしてご覧ください。

 アパレルCAD以外のCAD(例えば建築CAD)でパタピッ 製図を編集することは、あまりお勧めしません。先にも説明しましたが、それぞれの目的に合った機能や画面構成ですから、服の製図に必要な機能がなかったり、思い通りに動かなかったりと、様々な問題が生じるでしょう。服の製図については、やはりアパレルCADの環境が最適です。 



<選択肢Aの例>

 HILKY CADのそのバージョンを選んだらいいの?気軽に相談を

HILKY CAD は、用途により3バージョンが用意されています。

初期バージョンのプチCAD ・・・\9,800(税込み)
追加バージョン1      ・・・\59,400(税込み)
追加バージョン2      ・・・\164,700(税込み)

必要に応じて順に各バージョンを追加購入して環境を整えていただくシステムです。
11

初心者にお勧めはプチCAD ━━ プチCAD 初期バージョン がお勧め

製図を白紙から引くことができます。 独自の製図を引くことができます。

又は、先にパタピッ で基本製図を作成し、追加作業 「ポケットを付けたい」「ボタンを並べたい」「切り替え線を入れたい」・・・などなどが可能。

製図データをコンパクトに保存できます。

服はもちろん、カバンや小物、エプロンなども
犬猫、ぬいぐるみ等の縮小製図が手元にあれば、実物大のデータに変換することもできます。
(CAD操作が幾分高度になります。操作に慣れる必要があります。)

<作図機能>
直線曲線円、線上点、等分点、垂線距離、拡大縮小、寸法計測、ミラー移動、ミラー複写、全図形回転、文字入力、服飾記号記入、グリッド設定(画面を方眼紙状態にして作図する機能)

初心者〜小規模事業者にお勧めはVer.1 ━━ プチCAD 追加バージョン1 がお勧め

パタピッ 製図のラインを移動したり、切り離したりの作業が可能になります。

ここまでの機能は、初心者でも操作できます。

操作方法は、ご購入時に届くマニュアルが分かりやすく解説しています。

※ 操作が簡単な点で一般家庭でも広く使われているバージョンです。

<作図機能> 上プチCADに更に下の機能が加わります
垂線、延長点、交点、カーブ登録(ユーザー本位の150のカーブを登録できボタン操作で選択できる)、点移動、平行移動、平行複写 他

プロのパタンナー、企業にお勧めはVer.2 ━━ プチCAD 追加1追加バージョン2 がお勧め

事業用パターンを作成したい」

「パタンナーとして独立して仕事をしたい」  ・・・等、事業目的に最適

製図を操作する機能がほぼ揃っています。

更に、既存の型紙をスキャナーで取り込みデータ化したり、縫い代を付ける・・・などができます。

他社製の高額CADに並ぶ機能が、この追加Ver.2でほぼ揃います。

追加Ver.1より操作は複雑になりますから、CADに不慣れな方は追加Ver.1に慣れてから購入しましょう。

<作図機能> 上プチCAD+Ver.1に更に下の機能が加わります
中点、線分割、コンパス二点、点移動、回転移動、回転複写、カーブ複写、カーブ貼り付け、ダーツ調整、ダーツ折り返し、スキャナーからの製図取りこみ、縫い代 他多数


他社製CADでパタピッ 製図の編集、展開作業をしたい場合は・・・

すでに他社製CADをお持ちの方は、DXFにファイル変換したパタピッ データを他社製CADに送ることで作業ができます。 

また、その逆も可能です。 DXF変換機能が必要です。

DXF変換機能の詳細はここをクリックしてご覧ください。

patap


● 事業活用の参考例は してご覧ください。
● パタピッ 製図を販売する目的で使用する場合は規約があります。

● パタピッ CAD 価格表 してご覧ください。

自動製図,ソフト,パタピッ,製図,格安,安い,簡単,アパレル,CAD,キャド,フリー,アプリ,ソーイング,洋裁,型紙,パターン,コンピュータ,型紙作成ロボット,パターンメイキング,パターンオーダー